この激動の時代にはなんらかの意味があるのではないかと感じている人へー2017年「火の鳥」という意味

2017年は「丁酉(ひのととり)」と呼ばれる「火」の性質を持っています。

 

これは、「十二支(じゅうにし)」と「十干(じっかん)」の組み合わせ、そして「五行」の考え方から来ています。

 

phoenix-1

十二支は、お馴染みの子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥で、2017年の酉は10番目です。

 

そして、「十干(じっかん)」は、「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10種類から成り立っていて、これを毎年順番に繰り返しています。

 

 

zodiac signs .jpg

 

そして、2017年はその4番目の丁(ひのと)にあたります。

 

 

干支は十干と十二支を組み合わせたもので作られていて、2017年は単に酉年というだけではなく、「丁酉(ひのととり)」という方が正確なのだそうです。

 

 

そして、さらに木・火・土・金・水という5つの性質を当てていく五行という見方があって、2017年は「丁」にあたり、火の性質を持っていると考えられています。

 

 

「火の鳥」の性質を私たちに伝えてくれる伝承と智慧の一つに「フェニックス」や「鳳凰」、「火の鳥」と呼ばれるものがあります。

 

 

フェニックスの起源についてはいろいろな説がありますが、古代エジプトのベンヌBennu(朝日の意)という聖鳥に由来するとされています。

 

 

この鳥は青鷺の頭と鷲の翼を持っていて、全身がまばゆい光に包まれており、毎日誕生と入滅を繰り返すことから、「時の循環」や「再生」を象徴します。

 

 

goddess-phoenix-and-bennu-gv311

 

この鳥は、死期が近づくと自ら炎の中に飛び込んで己の身を灼くという風習を持っているとされています。

 

そして、灰の中から再び立ち上がり、まったく新しい美しい姿を見せるのです。そうして、全く新しいサイクルを生きることができるとされました。

 

そして再び、天高く舞い上がることができるのです。

 

これが不死鳥と呼ばれる所以です。

 

 

火の性質は、浄化を促すエネルギーを持っています。

 

 

こうした伝承が伝えてくれるように、火の性質は「創造」の機会でもあります。

 

 

世界情勢も激動の動きが続いていますが、より根本的な変化が必要だと感じているのはアメリカの有権者だけではないのでしょう。

 

 

 

こうした時には、一見混乱のように見える状況の中にある「ポジティブな側面」に意識的に目を向けることが求められます。

 

 

そして、新しい可能性や新しいアイデアにオープンに耳を傾け、探求することが役にたつでしょう。

 

 

一見混乱のように見える状況や流れの中にも、もしかしたら大きな秩序があるかも知れません。

 

広告

実は人にどう思われているかが気になってしょうがない、他人の批判がこわい人へ

 

Q. 実は人にどう思われているかが気になってしょうがない、または他人から批判を受けるのが怖くて、新しいことに挑戦するのに躊躇してしまうのですか、何かアドバイスをいただけませんか?

 

power-pose

A. まず、他人の意見が気になってしょうがない、または、他人の批判が怖いということですが、それは、自分の自分に対する評価が高くないという表れでもあります。

 

いろいろな理由がありえるので、一言でお答えするのは難しいですが、

 

まず、鍵となるのは、なぜ他人の承認を必要とするのか?、という点です。

 

例えば、「あなたはなんで出来ないの」などと常に指摘されて育てられた、または、いいことがあっても評価された事がほとんとない、といった過去の体験と関係している場合などです。

 

または、こんなことを言ったら相手はきっと気に入らないだろう、といった不安のために相手の承認を求めるといったこともありえます。

 

こうした場合、より根本的に状況を変えるために役に立つことは、自分が自分に対して感じている価値を強固にすることです。

 

それは、自分自身を尊重するということです。

 

自己愛 (self love)と言われるものです。

 

自己愛(self love)というのは、傲慢なことでもエゴでもありません。

 

自分のことを素晴らしいと思っていますか?、自分をケアしてますか?ということも含まれますが、それは、けっして表面的な意味ではなくて、

 

その意味とは、自分という存在をただありのままに受け入れていますか?という意味です。

 

自分の中で、自分は自分でいいという感覚が育まれていくと、たとえ誰かから何かを言われたとしても、それによって前と同じように傷つくということはありません。

 

その為の根本的なアプローチとは、なぜある意見や批判が気になるのか、という部分を癒すことです。

 

サンドラスウィートマンより

 

この激動の時代にはなんらかの意味があるのではないか、

この時代に地球に生まれてきたなんらかの目的があるはず、と感じている人へ

本当の自分を思いっきり表現したい人へ

 

詳細はこちら⇨ goo.gl/w6jTRJ

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

2017年をフレッシュに始めるための9つのアファメーション

%e6%96%b0%e5%b9%b4%e5%af%8c%e5%a3%ab%e3%81%94%e6%9d%a5%e5%85%89

 

さて、「サンドラ語録」より新年をフレッシュに始めるために役に立つアファメーションをお届けしたいと思います。

 

どうやって、またはどこに向かって進むのか分からない時にでも、これらのアファメーションは自分の望む方向性を宇宙に向かって「意思表示」することになります。

 

 

こうした言葉は言霊(エネルギー)を持つので、こうしたことを完全に信じてなくても、心の中でも唱え続けることは力になります。

 

 

①わたしは私にとって最善なエネルギーを受け入れます。

I accept energy that serves only my highest good.

 

 

②わたしにとって役立たたないことは手放します。

Whatever on my way that no longer serves me I am going to throw it away.

 

 

③わたしは学ぶことを選択します。

I choose to learn.

 

 

④わたしは自分を制限する考えを解放します。

I give myself permission to clear the limiting beliefs.

 

 

⑤私は自分の内なる智慧につながります。

I give myself permission to access my inner wisdom.

 

 

⑥わたしは自分の価値を受けとることを自分にゆるします。

I allow myself to gain a sense of self-worth.

 

 

⑦わたしは自分のことを大切にします。

I am looking after me.

 

 

⑧わたしは自分が輝くことをゆるします。

I allow myself to shine.

 

 

⑨わたしは自分の聖なるブループリントに調和するものを引き寄せます。

I attract energy that is in alignment with my own divine blue-print.

 

 

 

また、新しい年をフレッシュに始めるのに、2016年の出来事を(いいことも大変だったことも)振り返り「完了」させておくことは役に立ちます。

 

もしまだでしたら、ぜひこちらも合わせてご覧ください。

 

こちらのアファメーションですが、特に「魂の計画」(聖なるブループリント)と調和するという意図と言霊はとてもパワフルです。

 

 

ぜひ試してみてください!

(^^)ニコ

2017年 新年のご挨拶

%e5%af%8c%e5%a3%ab%e3%81%94%e6%9d%a5%e5%85%89

みなさま、新年明けましておめでとうございます。

 

2017年が始まりました。

 

昨年は、サンドラは、日本で初めて「リトリート」を開催し、また、こちらも初めて認定プラクティショナーの養成講座を開催いたしました。

 

個人的にも、プラクティショナーとして認定をいただきましたが、このツールの意図とエネルギーを大切に使っていきたいと思っています。

 

また、個人的には、2016年は、連載を始めることで、私にとって「書く」という自分にとって大きな表現方法の一つをみつける年となりました。

 

書くという手段は、私にとって自分の中の「内なる智慧」(直感)を意識することでもあり、自分の直感とのつながりを強くしていく機会にもなりました。

 

また、「より大きな真理」と「社会」の「接点」を書きたい(伝えたい)という自分にとっての試みを始めた年にもなりました。

 

 

2017年に向けて、拡大のエネルギーを感じています。

 

 

さっそく今月下旬より、サンドラがニュージーランドより来日し、認定講座やリトリートが始まります。参加されるみなさんにとって、とても大きな飛躍の機会になると感じています。

 

 

2017年、たくさんの方と出会い、そして、より多くの方々と喜びを共有できますことを楽しみにしています。

 

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

大仲千華

 

 

 

《2017年を恩恵の年にするため》に《2016年を振り返る》11の質問

 

eagle.jpg

 

もう今年も残りわずかになりました。

 

掃除をしながら年始の準備をしながら、2017年をフレッシュな気持ちで始められたいと感じている方も多いと思います。

 

2017年は、これから始まる全く新しい9年サイクルとそしてより大きなサイクルの始まりだと言われています。

 

2017年をフレッシュな気持ちで始められたいと感じている方も多いと思います。

 

また、新しい年をフレッシュに始めるのに、2016年の出来事を(いいことも大変だったことも)振り返り「完了」させておくことは役に立ちます。

 

 

以下に、今年のご挨拶も兼ねて、振り返りのための質問をご紹介させていただきたいと思います。

 

 

《2017年を恩恵の年にするため》に《2016年を振り返る》11の質問

 

 

① 2016年の出来事で自分で誇りに思うことは何ですか?

 

② よくがんばったなと思うことは何ですか?

 

③ 大変だったことは何ですか?

 

④ その出来事を通じて新しく自分について発見したことはありますか?

 

⑤ そこから学んだことはありますか?

 

⑥ その時に自分にとって役に立ったことは何ですか?

 

⑦ 残っている課題やチャレンジはありますか?それについてどうしたいですか?

 

⑧ 新しい人間関係や印象に残っている人間関係はありますか?それはなぜですか?

 

⑨ 感謝を伝えたい人がいますか?

 

⑩ 自分にとっての「2016年」にテーマをつけると、どんなテーマでしたか?

 

⑪ 2017年はどんな年にしたいですか?自分が自分に伝えてあげたいことはありますか?

 

 

 

2017年は収穫と拡大の年だと言われています。

 

 

2017年の流れについてはこちらよりご覧ください⇨ goo.gl/a3zceL

 

 

これを読んでくださっているみなさまとのご縁に感謝いたします。

 

2017年、より多くの喜びを共有できますことを楽しみにしています!

 

新しい年のみなさまとご家族のご健康と幸せをお祈りしています。

 

どうぞよいお年をお迎えくださいませ。

 

大仲千華

 

 

 

「魂の計画」の持つ力

shell picture

 

静かな涙が流れました。。。

 

 

サンドラのセッションが、自分の「魂の計画」= 聖なるブループリントに調和するものを引き寄せることにフォーカスを始めた時です。

 

終わった時には、魂が深いところで安堵を感じ、喜びの涙を流しているようでした。

 

私は幸いなことに、何度もサンドラのセッションを通訳する機会をいただき、「聖なる瞬間」に立ち会せてもらっています。

 

 

その中でも、自分の「魂の計画」(聖なるブループリント)と調和するという意図はとてもパワフルだと感じます。

 

 

今日は、チャレンジがある時に唱えると役立つアファメーションをご紹介します。

 

 

わたしは課題に対処することを決めています。

I am determined I handle issues.

 

 

わたしは学ぶことを選択します。

I choose to learn.

 

 

わたしは自分を責めるニーズから解放されています。

I choose to be free of the need to judge myself.

 

 

わたしは自分が輝くことをゆるします。

I allow myself to shine.

 

 

わたしは自分の「魂の計画」(聖なるブループリント)に調和するものを引き寄せます。

I attract energy that is in alignment with my own divine blue-print. 

 

 

 

自分が滞っていると感じる時には、どちらでもいいから「方向性」を示すことが役に立ちます。

 

信じてなくても心の中で唱え続けることは力になります。

 

特に「魂の計画」(聖なるブループリント)と調和するという意図はとてもパワフルです。

 

ぜひこのアファメーションを試してみてください。(^^)ニコ