Q&A

Q1. ハートメタ・テクニックはどうやって開発されたのですか?細胞レベルでの解放が起こるとはどういう意味ですか?

 

A1. 「ハートメタ・テクニック」はそれまでに私がセラピストとして使ってきたさまざまなテクニックの集大成です…https://goo.gl/SbXc4n

 

Q.2. ハートメタテクニックを習うとどんなことが出来るようになりますか?

 

A.1. お金に関すること、慢性的な身体症状の改善、トラウマの解消、「ゆるす」ことが出来ないがために、前に進むことが難しい場合、ストレスの解消、挫折を体験した時、アレルギーや恐怖症に対しても、ハートメタテクニックを使って、自分の中にある深い部分の制限に気づき、解放することができます...https://goo.gl/td4vWw

 

A.2. ハートメタテクニックは、自分の才能や創造性を開いていくということに対しても大きな効果があります。なぜなら、私たちには思い込みや社会通念の中で、これは出来ない、これは無理などを自分で自分の可能性に制限をかけている部分が驚くくらい沢山あるからです… https://goo.gl/m0eeEG

 

Q3. このテクニックを自分のために使うことができるというのはどういう意味ですか?

 

A3. このハートメタテクニックを習うと、必ずしもセラピストのセッション受けなくても、自分でエネルギーを解消したり、自分でいろいろなことに対して直感的に一瞬で洞察を得ることができます。https://goo.gl/zIqyaE

 

Q4. ハートメタとEFTの違いは何ですか?

 

A4. EFTとハートメタテクニックは両方とも、身体面におけるエネルギーの不調の解放に大きな効果を持ちますが、EFTにはできなくてハートメタが得意とすることは、ハートを開くことに大きな効果を持つことです…https://goo.gl/6OiU5K

 

Q5. 月の一回のフォローアップセッションでは何をするのですか?

A5. 月の一回のフォローアップセッションの目的は、二日間でテクニックを習った後に、確実にこのテクニックを日常で使えるようにすることです… https://goo.gl/hNF1Og

A5-2. また、今回のトレーニングはLEVEL1ですが、その後はLEVEL 2、LEVEL3の開催を予定しています。そのレベルとは、聴く力、そして直感から相手とのやり取りを行う(助言を行う)という二つの能力に関することです。

 

Q.6. ハートメタテクニックQ&A たった二日間でプラクティショナーになれるのですか?

A.6. はい、二日間でプラクティショナーとして認定されることは十分可能です。まず、その理由の一つは、認定トレーニング自体は二日間ですが、その後に、月に一回のフォローアップセッションを設けていることです…https://goo.gl/TuWBZE

 

Q7. ハートメタのプラクティショナーをグループとして表に出していくのか、または、それぞれが個人としてプラクティショナーとしてやっていくというイメージでしょうか?

 

A7. セルフプロモーションは基本的には、個人のイニシアティブになりますが、ハートメタを紹介するホームページの中にプラクティショナーの一覧を公開していく予定です。ハートメタのテクニックをより広く紹介していくのと同時にプラクティショナーの人たちも同時広がっていくような意図を持っています。

 

Q8.一度「ハートメタプラクティショナー」として認定された後にその認定が取り消される可能性はありますか?

 

A.8. 例えば、医療行為の代わりとしてこのテクニックを宣伝するなど、セラピストとしての基本的な倫理を守っていないなどが報告されたら、そうした可能性は理論上はありえます。ただ、このテクニックの性質上(エネルギー上)、そうした可能性は非常に稀ではないかと思います… https://goo.gl/zfHDV4

広告